• 2009.12.02 Wednesday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | - | - |

  • 2006.01.15 Sunday 21:39
  • 傭兵とサラ金に浸る
  • by shao
週末は北海道展とバーゲン以外は予定がないのでどっぷり趣味に耽ることにした。先週届いた「パイナップルARMY」と実家の「ナニワ金融道」、そして映画「ラスト サムライ」を一気観。
「パイナップルARMY」は武器名とか組織名(しかもやたらと省略されている。例:IRA、SS等)が多く、読んでいて何のことか分からなくなり読み返したりと、とても吸収しれきれない情報量でぐったり疲れた。でも役に立つ情報も多々あり、もともと主人公のジェド・豪士は戦闘インストラクターなので護身術をそれぞれのシチュエーションに合わせて教えてくれる。トラップ好きな私は豪士の仕掛けるトラップには大いに興味をそそられる。私のことだから仕掛けてる最中に自分が掛かってそうだけど…。
それから「ナニワ金融道」。ただの漫画だけどさ、やっぱりお金は借りちゃダメだよね。とくに素人は規約なんて理解できてないだろうし、上辺の知識じゃ裏の裏をかかれて結局シナリオ通りの泥沼化。どんなに涙を誘う家族愛・苦労話も通じないし情状酌量の余地もなし。払えなきゃ体で払えって風俗に売られたりなんて…恐ろしくて耐えられない。漫画読んだだけで随分感化されたけど、どんなことがあっても借金はせず、つつましく、そして保証人にもならずサインもせず、と係わり合いになりたくないものです。
そして、「ラスト サムライ」。結構意外な作品だった。今までの欧米が描く日本像とはかけ離れていたし、私の感じる本来の日本像から遠からずと言ってもいい。日本独特の文化を説明なしに淡々と自然な目線で撮るのはかなり難しかっただろうな。
その中でも切腹や忍者、くノ一(もどきの小雪の突き)など欧米好みの要素も盛りだくさんでサービス満載。地味な作品ではあるけどなかなかよかった。監督がエドワード・ズウィックで「きのうの夜は…」の監督でもある。そのほかにも随分ヒット作を世に出してるので作りがうまいよね。
渡辺謙も日本語の演技はさすがだし、真田さんの殺陣も派手だけども欧米ウケしそうだ。

  • 2009.12.02 Wednesday 21:39
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク
  • - | - | - |

Comment:
2006/01/18 10:32 AM, BlogPetのまる wrote:
まるはナニワは欧米にナニワで監督しなかったー。
そして欧米に吸収するつもりだった。
2006/01/28 2:29 PM, よっちぃ wrote:
ナニワ金融道のくだりのあたり・・・耳がイタイ・・
2006/01/28 11:40 PM, shao wrote:
>よっちぃさん
そうだよ、しっかり読んで借金しないカラダになろう!
でも本当に「女は金になる」と思われてるのかな、、コワイ。
Add a comment:









Trackback:
http://shao.jugem.cc/trackback/335
 
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.