• 2009.12.02 Wednesday
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • - | - | - |

7月9日(金)の朝日新聞 社説にて
プロ野球は1リーグ制にかじを切った。近鉄とオリックスの合併話が浮上して1ヶ月足らず、あれよあれよという間に既成事実が積み上げられる。
先日のオーナー会議で、巨人の渡辺恒雄オーナーらの賛同で1リーグ制への流れが決まった。それに対し、選手会の古田敦也会長は、選手と経営者が話し合う「特別委員会」の開催を要求した。選手の年俸のふくらみで経営が苦しくなったのなら、選手会は年俸を議論してもいいと言っている。
1リーグ制が決定したら、最も影響を受ける選手たちの意向はどこに反映されるのだろう…。そういった、歩み寄りや話し合いの場を持たずに、オーナーたちの無理押しで球界の方向性は決まりつつある。
渡辺オーナーは記者会見で「朝日新聞の論調に迎合するような方向に引きずれる必要はない」と語った。私たちは、プロ野球のために、議論を尽くすように呼びかけているのだ。その気持ちを理解してもらえないのは、なんとも寂しい。

  • 2009.12.02 Wednesday 01:53
  • スポンサーサイト
  • by スポンサードリンク
  • - | - | - |

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://shao.jugem.cc/trackback/20
2004/07/13 1:26 AM
結局オーナー会議でライブドアの近鉄買収の話は、ほぼ黙殺されたらしい。合併以外の球団存続の道があるならば、そちらを選んで欲しいというのがファン心理だろう。まあ、買収先がライブドアってのは、自分が近鉄だったら複雑な気持ちかもな。しかしなあ。オリックスだっ
 
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
SEARCH
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.